基金投资におけるアクティブ運用法の優位性

当前位置:首页 > 钱包秘钥 > 基金投资におけるアクティブ運用法の優位性

基金投资におけるアクティブ運用法の優位性

2024-05-24钱包秘钥19

摘要

アクティブ運用の原則は、市場を上回る収益を得るために、独自の研究と分析に基づいて投資を行い、市場全体ではなく特定の株式や債券、その他の資産クラスに投資することです。本記事では、資深基金投資従事者がアクティブ運用法の利点について、考察します。

アルファの創出

アクティブ運用法の主な目標の一つはアルファの創出です。アルファは、市場全体のベンチマークに対する投資のリターンの超過収益率を指します。熟練したアクティブ運用者は、独自の洞察力と市場分析に基づいて、市場全体の平均よりも高い収益性を生み出す機会を特定することができます。

たとえば、ファンダメンタル分析を通じて、過小評価された株式や将来性の高い業界を特定し、それらに投資することで、アクティブ運用者はアルファを獲得できます。また、テクニカル分析を使用して、市場のトレンドやパターンを特定し、その情報を投資決定に活用することもできます。

特定の目標への適合性

アクティブ運用法は、投資家の特定の財務目標に合わせてポートフォリオをカスタマイズすることを可能にします。アクティブ運用者は、投資家のリスク許容度、タイムフレーム、目標リターンに基づいて、投資を戦略的に選択することができます。

例えば、長期的な資本増大を目標とする投資家は、ハイグロース株や新興市場債券に重点を置いた積極的なポートフォリオを構築できます。一方、資産保全を優先する投資家は、安定した収益を提供するブルーチップ株や政府債券を含むより防御的なポートフォリオに投資することができます。

効率性の向上

アクティブ運用法は、市場の非効率性を活用して、ポートフォリオの効率性を向上させることができます。非効率性とは、ある資産の価格がその内在価値を反映していない状況です。アクティブ運用者は、こうした非効率性を特定し、過小評価された資産に投資することで、市場全体よりも高いリターンを得ることができます。

たとえば、モメンタムを利用した運用手法では、アクティブ運用者が、上昇トレンドにある株式に投資し、下降トレンドにある株式を売却します。この手法では、市場の動向から利益を得ることができ、リスク調整後のリターンを向上させることができます。

市場のタイミング

基金投资におけるアクティブ運用法の優位性

アクティブ運用法は、市場のタイミングにも活用できます。市場全体を予想するのは困難ですが、アクティブ運用者は、特定のセクター、業界、または資産クラスの将来の動向を予測する独自の洞察力を持つ場合があります。

たとえば、経済成長が加速すると予測する場合は、 cyclical銘柄やエクスポージャーの高いポートフォリオに投資する戦略を立てることができます。逆に、経済の鈍化が見込まれる場合は、ディフェンシブ銘柄やキャッシュに重点を置くことができます。

常见问答

アクティブ運用法とパッシブ運用法の違いは何ですか?

アクティブ運用法は、過剰収益率(アルファ)を創出することを目的とした選択的投資手法です。一方、パッシブ運用法は、市場全体の平均リターンに連動することを目的としたインデックスファンドやETFを使用した投資手法です。

アクティブ運用法はすべての投資家に適していますか?

アクティブ運用法は、高いリターンを求める投資家や特定の財務目標を持つ投資家に適しています。ただし、手数料が高く、市場全体の平均リターンを下回るリスクがあることを理解することが重要です。

初心者向けの優れたアクティブ運用型ファンドにはどのようなものがありますか?

初心者は、MorningstarやLipper Fund Awardsなどの評価機関によって高く評価された、実績のあるアクティブ運用型ファンドに投資することを検討することをお勧めします。

总结

アクティブ運用法は、アルファの創出、特定の目標への適合性、効率性の向上、市場のタイミングなど、多くの利点を提供します。熟練したアクティブ運用者は、市場分析、ファンダメンタル分析、テクニカル分析を駆使して、市場全体の平均を上回るリターンを投資家に提供できます。

ただし、アクティブ運用法には手数料が高く、市場全体の平均リターンを下回るリスクがあることを理解することが重要です。投資家は、自分の財務目標とリスク許容度を慎重に考慮し、アクティブ運用法が自分にとって適切な投資手法かどうかを判断すべきです。

基金投资におけるアクティブ運用法の優位性 | 分享给朋友: